【無料】ビットコインをノーリスクで手に入れる方法【〇〇するだけ】

bitFlyer(ビットフライヤー)

「ビットコインに興味があるけど損をするのは怖い。ノーリスクで手に入れる方法があったら知りたいな。」

 

という疑問をお持ちではありませんか?

 

暗号資産(仮想通貨)に興味はあっても、実際に取引所で購入するのは書初心者にとってハードルが高いですよね・・・。

 

そんな人にはノーリスクでビットコインが手に入る「bitFlyerクレカ」がおすすめです。

 

 

「bitFlyerクレカ」はビットフライヤーが提供する、日本初のビットコインが貯まるクレジットカードです。

bitFlyerクレカを使えば買い物をするだけでポイントの代わりにビットコインが貯まるので、ノーリスクでビットコインが手に入ります。

 

本記事ではbitFlyerクレカの基本情報やメリット・デメリットについて解説します。

 

この記事はこんな人におすすめ

  • ビットコインをノーリスクで手に入れたい人
  • ノーリスクで暗号資産(仮想通貨)を始めたい人
  • bitFlyerの口座を持っている人

 

bitFlyerクレカのスタンダードは年会費無料です。

bitFlyerの口座を持っていれば誰でも申し込めるので、本記事を読んだら早速申し込んでみましょう。

 

bitFlyerクレジットカードの基本情報

ビットコインが貯まるbitFlyerクレカについて、まずは基本情報を紹介します。

 

種類 スタンダード プラチナ
ブランド Mastercard
還元率 0.5% 1.0%
初年度年会費 無料
2年目以降年会費 無料 税込16,500円(※1)
付帯サービス カード盗難紛失保証 カード盗難紛失保証
旅行傷害保険
ショッピングガーディアン保険
空港ラウンジ
Mastercard Taste if Premium(※2)

※1 ・・・ カードショッピング年間150万円以上(税込)利用で年会費無料
※2 ・・・ 高級レストランやご出張やご旅行にご利用いただけるサービスなどのご優待

 

還元率、2年目以降の年会費、付帯サービスに大きな違いがありますね。

ただポイントの代わりにビットコインが貯まるのは同じなので、ノーリスクで暗号資産(仮想通貨)を始めたいという人はスタンダードで十分かと。

 

プラチナは還元率がスタンダードの2倍で付帯サービスも充実しています。

2年目以降の年会費が16,500円(税込)必要にはなりますが、年間150万円(税込)カードを利用すれば年会費は無料になります。

 

月々で言えば12万5,000円なので、クレジットカードをよく使うという人にはプラチナがおすすめです!

 

bitFlyerクレジットカードの申し込み方法

bitFlyerクレカはbitFlyerのページから申し込めます。

ただいくつか注意点があるので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

  • 申し込めるのは20歳以上
  • 事前にbitFlyerの口座が必要
  • 審査があるので使えない場合もある
  • 申込から発行までに2週間程度かかる

 

未成年の方は残念ながらbitFlyerクレカの申し込みはできません。

また20歳以上でもbitFlyerの口座が必要になるので、持っていない人は口座を開設しておきましょう。

bitFlyerの口座開設は無料でできます。

 

\最短10分/

bitFlyerで口座開設する

 

 

bitFlyerクレジットカードのメリット

bitFlyerクレカの基本情報が分かったところで、メリットについても紹介しておきます。

bitFlyerクレカの主なメリットは以下のとおり。

 

  1. 買い物するだけでビットコインが自動で貯まる
  2. ポイントよりも得をする可能性が高い
  3. Apple Pay、QUICPay対応

 

メリットその①買い物するだけでビットコインが自動で貯まる

1つ目のメリットはbitFlyerクレカで支払いをするだけでビットコインが自動で貯まることです。

 

買い物のついでにビットコインが貯まるので失敗するリスクがありませんし、取引所のように購入するタイミングを気にする必要もありません。

暗号資産(仮想通貨)に興味はあるけど損はしたくない、そんな人にbitFlyerクレカはうってつけです。

 

メリットその②ポイントよりも得をする可能性が高い

2つ目のメリットはポイントよりも得をする可能性が高いということです。

 

bitFlyerクレカのスタンダードは還元率0.5%ですが、ポイントと違ってビットコインは価格が変動します。

将来的にはビットコインの価値はさらに上がると予想されているので、ポイントよりも得をする可能性は高いでしょう。

 

 

bitFlyerクレカで貯まったビットコインは有効期限もありません。

好きなタイミングで売却できるので、ポイントの使い時が分からずついつい貯めがちな人にとってbitFlyerクレカは向いているのではないでしょうか。

 

メリットその③Apple Pay、QUICPay対応

3つ目のメリットはApple Pay、QUICPayに対応していることです。

 

新型コロナウイルスの流行をきっかけに、非接触の支払い方法を導入したという人も多いのではないでしょうか。

bitFlyerクレカならApple Pay、QUICPayに対応しているので、店頭で読み取り機器にかざすだけで支払いができます。

 

QRコードの決済を日常的に使っている人なら共感できると思いますが、非接触の決済はスピーディで本当にストレスがなくなります。

 

bitFlyerクレカはナンバーレスでスタイリッシュなデザインなので、よりスマートに会計を済ませられますよ!

 

bitFlyerクレジットカードのデメリット

ノーリスクでビットコインが貯められるbitFlyerクレカですが、メリットだけではありません。

bitFlyerクレカの主なデメリットは以下のとおり。

 

  1. 還元率が低め
  2. カードのブランドを選べない

 

デメリットその①還元率が低め

bitFlyerクレカの還元率はスタンダードが通常0.5%、プラチナが通常1.0%と高くはありません。

またビットコインは価格が変動するので、売却のタイミングによっては思ったより利益が出ない場合も。

 

確実に利益を得るためには、ビットコインのガチホ(長期保有)がおすすめです。

ビットコインは現在1BTC=500万円弱の価格ですが、将来的には1億を超えると予想している専門家もいます。

 

 

ということは5年以上の長期目線でガチホすれば得をする可能性が高いということですね。

ビットコインのガチホについては下記の記事を参考にしてみてください。

 

 

デメリットその②カードのブランドを選べない

2つ目のデメリットはカードのブランドがMastercardのみということです。

VISAやJCBは選べません。

 

しかしMastercardは世界各国でも使える普及率の高いブランドなので、あまり困ることはないかと。

また日本国内で言えばMastercardはコストコで使える唯一のクレジットカードです。

 

出典:https://www.costco.co.jp/

 

コストコをよく利用する人はbitFlyerカードを持っていればあっという間にビットコインを貯めることができそうです。

 

bitFlyerクレジットカードの評判・口コミ

bitFlyerクレカのメリット・デメリットを紹介したところで、実際に使っている人の評判についても調べてみました。

よくある評判は以下のとおり。

 

 

カードのデザインがシンプルで気に入ったという評判がよくありました。

番号が記載されていないナンバーレスのデザインなので、セキュリティの面でも安心ですね。

 

 

bitFlyerクレカが届くまで、申し込みから2~3週間はかかるようです。

気になる人は早めに申し込んでおいたほうがいいでしょう。

 

\日本初!ビットコインが貯まるクレカ/

bitFlyerクレカを申し込む

 

bitFlyerクレカを使ってノーリスクでビットコインを手に入れよう

以上、「ビットコインをノーリスクで手に入れる方法」でした。

 

失敗するリスクが怖くて暗号資産(仮想通貨)を始められない人も、bitFlyerクレカを使えば買い物するだけでビットコインが貯められます。

貯めたビットコインはいつでも売却して現金に換えられるので、初心者が試しに取引を始めるのに最適ですよ。

 

実際に暗号資産(仮想通貨)を触れば見える世界が違ってきます。

bitFlyerの口座を持っていればビットコイン以外の通貨も取引できるので、興味があれば少額で買ってみてはいかがでしょうか。

bitFlyerなら1円から暗号資産(仮想通貨)の取引ができますよ。

 

bitFlyerで口座開設する

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました