次世代ブラウザ「Brave」ってどうなの?評判やメリット・デメリットを紹介

ライフハック

高速かつ安全なブラウジングを実現した、次世代型のウェブブラウザである「Brave」。

とくに広告カット機能が強力で、YouTube動画の広告をプレミアム会員にならなくても自動でオフにしてくれるという優れものです。

 

広告を表示しないブラウザアプリ「Brave」をご紹介します。

 

とはいえ

 

  • Braveって実際どうなの?
  • 無料で広告カットって怪しい・・・。
  • 安全性や危険性についても知りたい

 

という疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、メインブラウザとしてBraveを愛用している筆者が、Braveの評判やメリット・デメリットについて紹介します。

Braveの使い方についても解説するので、Braveの導入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

 

Braveで貯まる「BAT」を現金化するなら/

BraveとbitFlyerを連携しておくと、Brave Rewardsで貯まるBATを日本円に換金できるようになります。

【無料】bitFlyerで口座開設する

 

次世代ブラウザ「Brave」とは

Braveは高速かつ安全なウェブブラウジングを実現したソフトウェアです。

広告やトラッカー(位置情報)を自動的にブロックしてくれるので、ダウンロード量を削減して高速なブラウジングを可能にしています。

また「Chromium」というGoogleが開発に関わったウェブブラウザをもとに開発されているので、セキュリティ面にも優れているのが特徴。

 

さらにBraveを開発したのは、「JavaScript」や「Firefox」の生みの親であるブレンダン・アイク。

無料で広告をブロックできると聞くと「怪しい」と感じた人もいるかもしれませんが、全くそんなことはありません。

 

その証拠に、2021年末から2022年始の月間アクティブユーザー数は5,000万人を超えています。

 

Brave.com

 

以上のように、Braveは今後のさらなる普及が期待されている「次世代型のウェブブラウザ」なんです。

 

次世代ブラウザ「Brave」のメリット

Braveについてなんとなく分かったところで、メリットとデメリットについても理解しておきましょう。

Braveの主なメリットは以下の4つ。

 

  1. 広告ブロックが強力
  2. 高速かつ軽量なブラウジング
  3. セキュリティも万全
  4. 使うだけで仮想通貨がもらえる

 

メリットその①広告ブロックが強力

 

Braveでは広告のブロック機能が標準装備されています。

これによってネットサーフィンが快適になるのはもちろん、なんとYouTube動画の広告も非表示に。

 

YouTube動画の広告を非表示にするには、通常なら月額1,180円のYouTubeプレミアムに加入しなければなりません。

YouTubeプレミアムが快適なのは間違いありませんが、「月額1,180円もかかるのはな~」と感じている人は少なくないはず。

 

YouTube動画をよく見る人にとって、Braveの広告ブロックは大きなメリットといえます。

 

≫YouTubeプレミアムは高すぎる!実は無料で視聴する方法があります【合法】

 

 

メリットその②高速かつ軽量なブラウジング

 

Braveは高速かつ軽量な動作で、ストレスなくブラウジングできるというメリットもあります。

というのも広告をブロックしてくれるおかげで、余計な画像やデータを読み込まずに済むんですね。

 

ということは結果としてページの表示も速くなり、サクサクと軽快にネットサーフィンを楽しむことができます。

 

メリットその③セキュリティも安心

 

無料で広告をブロックしてくれると聞くと「合法なの・・・?」と疑問を持つかもしれませんが、もちろん合法なうえにBraveはセキュリティも万全です。

というのもBraveはよく分からない中国企業が作っているわけでもなく、「JapaScript」や「Firefox」の生みの親であるブレンダン・アイクが開発に携わっているからです。

 

また高速なブラウジングを実現するためにトラッキング(追跡・分析)もブロックしてくれるので、個人情報を収集される心配もありません。

 

気になるものを検索したあとに、それに関連したものばかりが広告に表示されるようになった経験はありませんか?

実害はありませんが少し不安になりますよね。

 

セキュリティ万全のBraveは、「趣味嗜好さえも知られたくない!」という人にもおすすめのブラウザです。

 

メリットその④使うだけで仮想通貨がもらえる

 

広告ブロック機能と同じぐらい、Braveの目玉ともいえるのが「Brave Rewards」という機能です。

 

Braveを使っているだけで「BAT」という仮想通貨が貯まり、日本円に換金することもできますよ。

通常の広告をオフにする代わりに、Brave独自の広告を閲覧することでBATが貯まっていきます。

 

もちろんBrave独自の広告を閲覧するかどうかは選択できるので、BATが不要な人はBrave Rewardsをオフにしておきましょう。

 

ちなみにBrave Rewardsを使って仮想通貨のBATを貯めるには、仮想通貨取引所のBitFlyer(ビットフライヤー)と連携する必要があります。

 

次世代ブラウザ「Brave」のデメリット

魅力的なメリットの多いBraveですが、もちろんデメリットもあります。

主なデメリットは以下の3つ。

 

  1. レイアウトが崩れる
  2. YouTubeアプリより使い勝手が悪い
  3. 検索精度が劣る

 

デメリットその①レイアウトが崩れる

 

Braveは広告ブロックが強力すぎるあまり、ページのレイアウトが崩れてしまう場合があるようです。

なのでもし自分のホームページやブログを持っている人は、ページの確認にBraveを使うのはおすすめできません。

 

そうでない場合は広告ブロック機能のメリットのほうが大きいので、気にならない人にとってはさほど問題はないかと。

 

デメリットその②YouTubeアプリより使い勝手が悪い

 

広告ブロックは強力ですが、BraveではあくまでもウェウブブラウザとしてYouTubeにアクセスすることになります。

そのためYouTubeアプリのように便利なショートカット(2回タップで10秒スキップなど)には対応していません。

 

なので使い勝手の良さに関しては、やはり純正のYouTubeアプリに軍配があがります。

ただ使い勝手の悪さも、動画を見る前に広告が流れるストレスに比べればマシかもしれません。

 

デメリットその③検索精度が劣る

 

Braveの3つめのデメリットは、Googleよりも検索精度が劣るという点です。

 

Braveは「Brave Search」という独自の検索エンジンを搭載しています。

それによって広告やトラッキングをブロックして高速かつ安全なブラウジングを実現しているのですが、肝心の検索力は天下のGoogleに及びません。

 

なので検索を多用する人は素直にGoogle Chromeを使うのがいいかと。

逆に検索はあまりせず、決まったサイトやYouTubeをよく見るという人にとってはデメリットというほどでもないですね。

 

次世代ブラウザ「Brave」の評判・口コミ

Braveのメリット・デメリットがわかったところで、実際のところBraveの使い勝手が気になりますよね。

YouTubeやTwitter、アプリのレビューを見てみましょう。

 

YouTubeの評判・口コミ

稼げるブラウザ Braveを使いこなせ【まだGoogle Chrome使ってるの?】

 

Web3.0の稼げるブラウザ「Brave(ブレイブ)」とは?お金が儲かる広告ブロック付きの次世代インターネットブラウザの仕組みやメリット・デメリットについて

 

Twitterの評判・口コミ

 

 

 

 

App Storeの評判・口コミ

軽い気持ちで使い始めましたが、本気でSafariからBraveへの乗り換えを考えるようになりました。 Youtubeの広告ブロックは勿論、Youtubeのオフライン&バックグラウンド再生が可能です。プレイリスト機能にも満足しています。ただしBAT機能をiPhoneでは使用できない点は残念です。(開発の所為ではない) また、プレイリスト機能に関しては実装から間も無い為か、まだまだ脆弱な箇所や改善点が見受けられます。

 

全体の評価としては、無料で使いやすく、自身の好みのアプリだと思います。
余計な広告を弾いてくれたり、読み込みも早い割に通信量を圧迫しないので重宝しています。

 

正直このブラウザはYouTubeの広告をプリミアムに加入しなくともなくす事が出来るのでほぼそれだけの目的で使っていたのですが、動画内の広告は完全に無くせるのですが惜しいことに動画が再生している(コメント欄が入力できる状態の時)真下に表示される広告だけは出てしまいそれが嫌で嫌で仕方なかったです。

 

Googleストアの評判・口コミ

速い、軽い、広告が消える、Windowsと連携できる。「これが欲しかった」という機能が一通り入っているブラウザと言えます。★5をつけない理由はバイル版のスタートページの自由度の低さでしょうか。これがVivaldiのスピードダイヤルのような自由度でカスタマイズできるようになれば文句なしの★5になります。

 

素晴らしいアプリ、無駄な広告も無い。 1つ欠点を挙げるならYouTubeで全画面にした際に確立(体感50%)で画面が4分の1になります。

 

基本的にYouTubeはこのブラウザで見ています。 Android版では、「後で見る」リストの並び替えが出来ないのが少し不便だな。と言うくらい。

 

広告ブロックとして愛用させてもらってます。 特に他のブラウザで使いたい理由が無ければオススメです。めんどくさい広告はほぼ消えます。 ただ、「新しいタブをグループで開く」を選択すると、時折今開いているタブの隣ではなく一番奥で開くことがあります。

 

次世代ブラウザ「Brave」のよくある質問

Braveを導入する前に、Braveについてのよくある質問をまとめました。

Braveの導入を検討している人は参考にしてみてください。

 

無料です。パソコンの場合はBraveのブラウザを、スマートフォンの場合はBraveのアプリをインストールするだけで使えます。
Braveに限らず、どのブラウザも100%安全とは言い切れません。ただBraveはアイルランドの名門として知られるダブリン大学のトリニティ・カレッジによる研究で、ウェブブラウザの中でもっとも安全であると結論づけられました。
Braveは広告やトラッキングをブロックする代わりに、Brave独自の広告を希望するユーザーに配信します。その広告から収益が発生し、70%は仮想通貨のBATなどでユーザーに還元され、残りの30%がBraveの収益となります。
Braveでは、独自の広告が1件表示されるごとに0.05BATが付与されます。1BATは約40円なので、広告が1件表示されるだけで約2円獲得できます。

 

次世代ブラウザ「Brave」の使い方

ここまで読んで「Braveを導入したい!」と思った人は、ぜひ以下からBraveをインストールしてみてください。

 

 

Braveのダウンロードと使用は完全無料です。

インストールさえずれば、誰でもすぐにBraveを体感できます。

 

別のブラウザからブックマークを同期する方法

他のブラウザからBraveに移行するさい、ブックマークの同期も簡単にできます。

ブックマークを同期する手順は以下のとおり。

 

  1. Braveを起動し、メニューを選択
  2. 「ブックマーク>ブックマークと設定をインポート」を選択
  3. メニューボックスから使用中のブラウザを選択
  4. 同期する項目にチェックを入れて「インポート」を実行

 

詳しくはBrave公式ページの≫ブックマークのインポートやエクスポートについてをご確認ください。

 

 

次世代ブラウザ「Brave」ってどうなの?まとめ

以上、「次世代ブラウザ『Brave』ってどうなの?評判やメリット・デメリットを紹介」でした。

 

レイアウトが多少崩れてしまったりと、まだ改善の余地がありそうなBrave。

それでも広告ブロック機能はかなり強力なので、YouTube動画を広告なしで見たいという人にはおすすめのブラウザです。

 

またBrave Rewardsをオンにすれば、使っているだけで仮想通貨のBATが貯まります。

 

 

広告1件あたりの単価は約2円と微々たるものですが、ブラウザは日常的に使うものなので馬鹿にできませんよ。

塵も積もれば山となる、です。

 

次世代型ウェブブラウザのBraveを、ぜひ体感してみましょう。

 

Braveで貯まる「BAT」を現金化するなら/

BraveとbitFlyerを連携しておくと、Brave Rewardsで貯まるBATを日本円に換金できるようになります。

【無料】bitFlyerで口座開設する

 

当ブログの管理人
オブチ

副業でブログにチャレンジ中の31歳 。

過去に24万円で物販コンサルを受けたものの成果が出ずにリタイアし、ブログを始めました。
ブログも半年間はほぼ成果ゼロでしたが、今では月10万円ほどの収益あり。

記事の内容で分からないことがあれば問い合わせ、もしくはTwitterのDMでお気軽にご連絡ください。

オブチをフォローする
ライフハック
オブチをフォローする
OBUCHI BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました