コインチェックでのPLT(パレットトークン)の買い方を画像付きで解説

ELFMasters

PLT PlaceといったPaletteチェーンでは、NFTの購入などにPLT(パレットトークン)が必要になります。

そしてPLT(パレットトークン)を購入できる取引所は、コインチェックだけ。

 

そこで本記事では、コインチェックでのPLT(パレットトークン)の買い方を画像付きで解説します。

気を付けるべきポイントもあわせて説明するので、PLT(パレットトークン)の購入が不安な人は参考にしてください。

 

コインチェックでのPLT(パレットトークン)の買い方

コインチェックではスプレッド(実質の手数料)が安い取引所形式でPLT(パレットトークン)が買えるので、販売所ではなく取引所を使うようにしましょう。

コインチェックアプリでの取引所には以下の手順でアクセスします。

 

アカウント画面から「FAQ/問い合わせ」をタップ

 

 

 

一番下までスクロールしたら「ビットコイン取引所」をタップ

 

 

ページ中央あたりに「現物取引」というメニューがあるので、通貨を「BTC」から「PLT」に変更

 

 

これでスプレッドを抑えてPLT(パレットトークン)を購入できるようになります。

続いて画面上部の「PLT買い板/売り板」の「」一覧から、購入したいレートをタップ

 

 

すると「現物取引」にタップしたレートが入力されます。

 

 

レートが入力されたら希望の注文量、もしくは概算の金額を入力し、「買い」になっていることを確認したら「注文する」をタップ

最低注文量は100PLTからとなっているので、それ以上の数量を入力しましょう。

 

 

あとは注文が通ればPLT(パレットトークン)の購入は完了です。

お疲れ様でした!

 

注文がなかなか通らない場合

注文する」をタップしても、注文がなかなか通らない場合があります。

それは希望のレートでPLT(パレットトークン)を売ってくれる人がいないということです。

 

なのでそのときは注文をキャンセルし、さっきと違うレートでもう一度注文してみましょう。

そうすればすぐに注文が通るときもあります。

 

指値注文のキャンセル方法は別のページで解説しました。

PLT(パレットトークン)の注文がなかなか通らないという人は、下記ページの方法で注文をキャンセルしてください。

 

Coincheckの板取引で指値注文をキャンセルするには【画像付きで解説】

 

 

コインチェックでのPLT(パレットトークン)の買い方まとめ

以上、「コインチェックでのPLT(パレットトークン)の買い方を画像付きで解説」でした。

本記事のポイントをおさらいしておきます。

 

  • PLT(パレットトークン)は販売所ではなく取引所で買う
  • コインチェックアプリの取引所は「アカウント>FAQ/問い合わせ>ビットコイン取引所」から
  • 取引所でのPLT(パレットトークン)の最低注文量は100PLT(約1,800円)
  • 注文が通らないときはキャンセルしてから再注文する

 

PLT(パレットトークン)を使えば、NFTのマーケットプレイスである「PLT Place」でNFTを購入できます。

購入できるのは「Crypto Ninja Party」や「ELFMasters」といったゲームのNFTです。

遊んで稼げる日本発のNFTゲームということもあって今後が期待されているので、気になる人はぜひプレイしてみましょう!

 

当ブログの管理人
オブチ

副業でブログにチャレンジ中の31歳 。

過去に24万円で物販コンサルを受けたものの成果が出ずにリタイアし、ブログを始めました。
ブログも半年間はほぼ成果ゼロでしたが、今では月10万円ほどの収益あり。

記事の内容で分からないことがあればTwitterからお気軽にDMください。

オブチをフォローする
ELFMasters
オブチをフォローする
OBUCHI BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました