MetaMask(メタマスク)のインストール方法を画像付きで解説【初心者向け】

PancakeSwap

「DeFiやNFT、ブロックチェーンゲームに興味があるけどどうやらMetaMask(メタマスク)というものが必要らしい。メタマスクってなんだろう?インストール方法も知りたいな。」

 

とお悩みの方に、MetaMask(メタマスク)について簡単な説明とインストール方法を解説します。

画像も載せているので初心者でもつまづくことなくインストールができるかと。

 

本記事を読んでMetaMask(メタマスク)をインストールしたら、DeFiやNFTの世界に一歩踏み入れることができます。

 

MetaMask(メタマスク)とは

MetaMask(メタマスク)とは仮想通貨ウォレットのことで、ブラウザの拡張機能やスマートフォンのアプリで管理します。

 

仮想通貨を入れておくウェブ上の財布といったところですね。

 

メタマスク以外にも仮想通貨ウォレットはありますが、メタマスクの利用を推奨しているサービスが多いのでメタマスクを使うのが一般的です。ユーザー数も一番多いので。

またメタマスク以外のウォレットを使いたくなった場合はメタマスクからデータをエクスポートもできます。

 

メタマスクの最大の特徴はイーサリアム系の通貨やトークンを保管できることです。

なのでDeFiやNFTといったイーサリアムのブロックチェーン上で動いているサービスを利用するためにはメタマスクが必須となります。

 

MetaMask(メタマスク)のインストール方法

それではMetaMask(メタマスク)の作成方法について、以下の2ステップで解説していきます。

 

  • MetaMask(メタマスク)のインストール
  • ウォレットの作成

 

MetaMask(メタマスク)のインストール

MetaMask(メタマスク)をインストールするには、まずはブラウザにメタマスクの拡張機能をインストールする必要があります。

対応ブラウザは以下のとおり。Internet Explorerは非対応なので使っている人は以下のいずれかをまずはインストールしてください。

 

 

個人的にはGoogle Chromeがおすすめなので、Google Chromeを例に説明していきます。

 

まずはメタマスクの公式サイトにアクセスし、拡張機能をインストールします。

画面の「Download now」をクリック。

 

次に「Chrome」を選択し、「Install MetaMask for Chrome」をクリック。

 

chromeウェブストアに移動するので「Chromeに追加」をクリック。

 

「MetaMask」を追加しますか?という表示が出てくるので「拡張機能を追加」をクリックすればメタマスクのインストールは完了です。

 

ウォレットの作成

続いてウォレットの作成を行います。上の画面から「開始」をクリック。

 

「ウォレットの作成」をクリック。

 

「MetaMask の品質向上へのご協力のお願い」と出てくるので、内容を確認して「同意します」をクリック。

 

 

パスワードの作成画面に進むので、最低8文字のパスワードを2回入力し「使用条件を読んで同意しました」にチェックマークを入れたら「作成」をクリック。

 

ウォレットの保護についてのビデオを見て「リカバリーフレーズ」と「ウォレットを安全に保つ方法」について確認しておきましょう。ビデオを確認したら「次へ」。

 

リカバリーフレーズ ・・・ ウォレットと資金への「マスターキー」

 

リカバリーフレーズを安全に保管するには手書きでオフライン上(現実)に保存するのがおすすめです。

このフレーズを聞きだそうとしてくる人間がいれば確実に詐欺なので決して誰にも教えてはいけません。

 

「秘密の言葉を表示するには、ここをクリックします」をクリックすればリカバリーフレーズを確認できます。

このフレーズを忘れるとアカウントのバックアップと復元ができなくなります。2~3通りの方法で保存しておきましょう。

 

保存ができたら「次へ」をクリック。

 

 

フレーズの確認を行います。先ほどメモしたフレーズを確認しながら入力しましょう。入力後に「確認」をクリック。

 

以上でウォレットの作成は完了です。お疲れ様でした!

 

MetaMask(メタマスク)でできること

MetaMask(メタマスク)のウォレットを持っていれば以下のようなサービスを利用できるようになります。

 

  • DeFi(資産運用)
  • OpenSea(NFTの販売、購入)
  • ブロックチェーンゲーム(遊んで稼ぐ)

 

それぞれについて簡単に説明します。

 

DeFi(資産運用)

DeFi(ディファイ)というのはDecentralized Financeの略で、日本語にすると「分散型金融」という意味になります。

分散型金融というのは中央管理者を必要としない金融システムのこと。

データの改ざんがほぼ不可能なブロックチェーン上に取引記録を保存することで、金融機関を通さずにスピーディな金銭のやり取りを可能にしています。

 

またDeFiが大きく盛り上がっている理由のひとつに、高い利回りで資金の運用ができるという点があります。

有名なのが「PancakeSwap(パンケーキスワップ)」というサービスで、中には約90%とかなりの高利回りで運用している人も。

 

 

ここまでいかなくても30~40%の利回りはかなり現実的なので、銀行の金利が0.002%とかであることを思うとDeFiの利回りがいかに高いかが分かります。

もちろんリターンたけでなくリスクもあるので、DeFiで資金運用をする場合はくれぐれも自己責任で。なるべく余剰資金を使うようにしましょう。

 

 

OpenSea(NFTの販売、購入)

OpenSea

 

OpenSeaとはNFTの売買ができるサービスのことで、月間の取引額が3000億円を越えている世界最大のプラットフォームです。

OpenSeaでNFTを売買するためにイーサリアムを使うのですが、そのときにメタマスクが必要になります。

 

NFTというのは非代替性トークンの略で、デジタルデータに固有の価値を持たせられる技術のことです。

楽天市場などの大手企業が続々と参入していることで話題になっていますね。

 

 

メタバースという仮想空間内でNFT化されたアイテムを身に付けるという流れもあるので、数十年後にはメタマスクが必須の世界になっているかもしれません。

 

ブロックチェーンゲーム(遊んで稼ぐ)

ブロックチェーンゲームで遊ぶためにもメタマスクは必要になってきます。

ブロックチェーンゲームがなにかというとその名のとおりブロックチェーンの技術が使われたゲームのことで、これまたイーサリアムのシステム上で遊ぶことができます。

 

ブロックチェーンゲームではキャラクターやアイテムがNFT化されているので、遊びながらお金を稼ぐこともできますよ。

 

Play to Earn(プレイトゥアーン)というやつで、アクシー・インフィニティなんかが有名ですね!

 

 

プロゲーマーじゃなくてもゲームで生活する人がすでに出てきています。

興味のある人はいまから触っておいて損はありませんよ。

 

次はBSCの追加にチャレンジしよう

以上、「MetaMask(メタマスク)のインストール方法を画像付きで解説」でした。

 

無事に自分のウォレットは作れましたか?

メタマスクがインストールできたら次はBSC(バイナンススマートチェーン)を追加しましょう。

PancakeSwapでの資産運用に一歩近づきます。

 

詳しいやり方は下記の記事で解説しているのでどうぞ。

 

 

画像付きなので記事を読みながら操作すれば誰でも簡単に設定できますよ♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました