パンケーキスワップとメタマスクが接続できない時の対処法をパターン別に解説

PancakeSwap

PancakeSwap(パンケーキスワップ)を始めるにあたって仮想通貨ウォレットは必須です。

仮想通貨ウォレット、つまりMetaMask(メタマスク)が接続できないとなにもできません。

 

といってもPnacekeSwap(パンケーキスワップ)とMetaMask(メタマスク)が接続できない原因は、いくつか考えられます。

 

そこで本記事では、PancakeSwap(パンケーキスワップ)とMetaMask(メタマスク)が接続できない時の対処法を、パターン別に解説しました。

MetaMask(メタマスク)と接続できずにPancakeSwap(パンケーキスワップ)が始められない、という人は参考にしてみてください。

 

\バイナンスに送金するならビットフライヤー/

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で必要になるバイナンスコイン(BNB)を用意する場合、ビットフライヤーからバイナンスにリップル(XRP)を送金するのがおすすめです。

なぜならスプレッド(手数料)の少ない取引所形式で購入でき、送金手数料も無料だから。

口座の開設も最短10分、スマホでかんたんにできるので、ビットフライヤーの口座を持っていない人は作っておきましょう。

 

ビットフライヤー公式ページを開く

 

パンケーキスワップとメタマスクが接続できない時の対処法

冒頭でも言いましたが、PancakeSwap(パンケーキスワップ)とMetaMask(メタマスク)が接続できない原因はいくつか考えられます。

主な原因は以下のとおり。

 

  • ネットワークの設定ミス
  • プロバイダ―エラー
  • MetaMask(メタマスク)アプリのバグ

 

可能性の高い順に解説していきますね。

 

原因その①ネットワークの設定ミス

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とMetaMask(メタマスク)が接続できない原因その①は、ネットワークの設定ミスです。

 

MetaMask(メタマスク)はデフォルトでは「イーサリアムメインネット」に接続されているので、ネットワークを切り替えておく必要があります。

なのであらかじめ「バイナンススマートチェーン」に切り替えておきましょう。

ネットワークの切り替え方法は以下のとおり。

 

MetaMask(メタマスク)を開いたら上部のネットワーク欄から「ネットワークの追加」をクリック。

 

 

ネットワークの追加画面に移動するので、以下の内容をコピペして入力しましょう。

 

 

ネットワーク名 BSC Mainnet(任意)
新規 RPC URL https://bsc-dataseed.binance.org/
チェーンID 56
通貨記号 BNB
ブロックエクスプローラーのURL https://bscscan.com/

 

とくに「新規 RPC URL」と「ブロックエクスプローラ―のURL」が間違えやすいので注意してください。

 

入力ができたら「保存」をクリック。

MetaMask(メタマスク)のネットワーク画面に、入力した任意のネットワーク名が表示されていれば成功です。

 

 

原因その②プロバイダ―エラー

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とMetaMask(メタマスク)が接続できない原因その②は、プロバイダーエラーです。

プロバイダーエラーの場合、以下のようなメッセージが表示されます。

 

 

Provider Error
No provider was found

 

このエラーは多くの場合、スマートフォンのブラウザでPancakeSwap(パンケーキスワップ)と接続しようとしたときに起こります。

なので対処法として、MetaMask(メタマスク)アプリのブラウザからPancakeSwap(パンケーキスワップ)にアクセスしましょう。

手順は以下のとおり。

 

MetaMask(メタマスク)アプリを開いたら左上のメニューをタップ

 

 

ブラウザ」をタップ

 

 

Search or Type URL」に「PancakeSwap」と入力

 

 

するとPancakeSwap(パンケーキスワップ)がヒットするのでタップ

 

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)を装ったフィッシング詐欺が多発しています。
念のためURLが「https://pancakeswap.finance」で間違いないか、確認してからアクセスしましょう。

 

右上の「Connect」をタップし、「Metamask」を選択

 

 

右上のアイコンが財布マークに変われば接続完了です。

 

 

原因その③MetaMask(メタマスク)アプリのバグ

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とMetaMask(メタマスク)が接続できない原因その③は、MetaMask(メタマスク)アプリのバグです。

長い間アプリのバージョンを更新していない場合に起こります。

 

なのでネットワークを切り替えても、MetaMask(メタマスク)のブラウザからアクセスしても接続できない場合は、MataMask(メタマスク)を再インストールしましょう。

MetaMask(メタマスク)アプリを最新バージョンにアップデートすれば、あっさり接続できるようになります。

 

再インストール時の注意

MetaMask(メタマスク)で作成済みのウォレットを復元する場合、「秘密のリカバリーフレーズ」が必要になります。

なのでアプリをアンインストールする前に、リカバリーフレーズをメモしておきましょう。

リカバリーフレーズの確認手順は以下のとおり。

 

MetaMask(メタマスク)アプリを開いたら左上のメニューをタップ

 

 

設定」をタップ

 

 

セキュリティーとプライバシー」をタップ

 

 

秘密のリカバリーフレーズを表示」をタップ

 

 

パスワードを入力したら「次へ

 

 

SRPは安全に保管してください」と表示されるので「長押ししてSRPを表示」を長押し

 

 

リカバリーフレーズが表示されるのでコピーしてどこかに保存しておくか、オフラインでメモに残しておきましょう。

 

 

続いてMetaMask(メタマスク)アプリの再インストール時の操作です。

ウォレットのセットアップで「秘密のリカバリーフレーズを使用してインポートします」をタップし、さっきコピーしたリカバリーフレーズと新しいパスワードを設定してください。

 

 

以上でウォレットの復元は完了です。

 

パンケーキスワップとメタマスクが接続できない時の対処法まとめ

以上、「パンケーキスワップとメタマスクが接続できない時の対処法を解説」でした。

PnacekeSwap(パンケーキスワップ)とMetaMask(メタマスク)が接続できない主な原因は、以下の3つです。

 

  1. ネットワークの設定ミス
  2. プロバイダ―エラー
  3. MetaMask(メタマスク)アプリのバグ

 

そしてそれぞれの対処法は以下のとおり。

 

  1. ネットワークの切り替え
  2. MetaMask(メタマスク)アプリのブラウザからアクセス
  3. MetaMask(メタマスク)アプリを再インストール

 

たいていの場合はいずれかの方法でPnacekeSwap(パンケーキスワップ)とMetaMask(メタマスク)を接続できるようになるかと。

もし上記のパターンでも接続できない場合は、お手数ですが当ブログの「お問い合わせ」もしくは筆者のTwitterまでお気軽にご連絡ください。

 

また無事にPancakeSwap(パンケーキスワップ)が使えるようになったら、さっそく資金を運用してみましょう。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の稼ぎ方については≫PancakeSwap(パンケーキスワップ)の稼ぎ方を初心者向けに徹底解説という記事があるので、参考になれば幸いです。

 

 

ちなみに、PancakeSwap(パンケーキスワップ)を使うにあたってバイナンスコイン(BNB)を用意するときに、場合によっては損をしている人もいます。

とくに、バイナンスへの入金にビットコインを使っている人は要注意です。

 

詳しくは≫バイナンスコイン(BNB)のおすすめの買い方・購入方法を解説【知らなきゃ損】で解説しているので、心当たりのある人は下記からどうぞ。

 

 

当ブログの管理人

副業でブログにチャレンジ中の31歳 。

過去に24万円で物販コンサルを受けたものの成果が出ずにリタイアし、ブログを始めました。
ブログも半年間はほぼ成果ゼロでしたが、今では月10万円ほどの収益あり。

記事の内容で分からないことがあれば問い合わせ、もしくはTwitterのDMでお気軽にご連絡ください。

オブチをフォローする
PancakeSwap
オブチをフォローする
OBUCHI BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました