NFTのSHINZO(心臓)とは?概要や買い方をNFT初心者向けに解説

NFT

キングコングの西野亮廣さんが「チムニータウンDAO」というコミュニティを発足しました。

そのチムニータウンDAOに参加するには、SHINZO(心臓)というNFTが必要です。

 

そこで本記事では、NFT初心者に向けてSHINZO(心臓)の概要や買い方を解説しました。

DAO?NFT?なんのこっちゃ・・・。」と感じた人にも分かりやすく解説しているので、参考になれば幸いです。

 

\アプリダウンロード数No.1/

SHINZO(心臓)を買うには仮想通貨の口座が必要です。
アプリダウンロード数No.1のコインチェックなら、今だけ誰でも1,500円分のビットコインがもらえます。
口座開設+72時間以内の入金」という条件を満たして、1,500円分のビットコインを手に入れておきましょう。

コインチェックで口座を開設する

 

NFTのSHINZO(心臓)とは

NFTのSHINZO(心臓)とは、チムニータウンDAOに参加するための証明書のようなものです。

SHINZO(心臓)を持っている人であれば、誰でもチムニータウンDAOに参加できます。

 

「NFTやDAOなんて初めて聞いたよ」という人のために、それぞれどういったものか簡単に説明しておきます。

 

NFTとは

Non-Fungible Token(代替不可能なトークン)の略。

デジタルデータの所有権をブロックチェーン上に記録することで、唯一無二の証明をすることができる。

デジタルアートに注目されがちだが、特にアートに限ったことではなく、ゲームアイテム、ツイート、音楽、動画、バーチャル上の土地、参加権等いろいろな物に対して発行することができる。

やさしい用語集」より引用

 

DAOとは

「自律分散型組織」を意味する言葉で、Decentralized Autonomous Organizationの略。

既存の会社のように特定の誰かが管理・意思決定をするのではなく、ルールやシステムに基づき参加したい人が参加してプロジェクトを進行するようなイメージ。

新たな働き方の形としても注目されている。

ビットコインやイーサリアムはDAOの代表格で、完全にシステムに基づいて動いている。

やさしい用語集」より引用

 

NFTのSHINZO(心臓)の買い方

NFTのSHINZO(心臓)があればチムニータウンDAOに参加できるということが分かったところで、SHINZO(心臓)の買い方を解説します。

必要な手順は以下のとおり。

 

  1. 仮想通貨の口座を作る(コインチェック)
  2. 仮想通貨を買う(イーサリアム)
  3. 仮想通貨の財布を作る(MetaMask)
  4. イーサリアムを財布に送る
  5. SHINZO(心臓)を購入する

 

SHINZO NFTの買い方

 

NFT初心者にとっては聞きなれない単語ばかりかもしれませんが、ゼロからSHINZO(心臓)を買うのに1時間もかかりません。

資金も3,000円ほどあれば大丈夫です。

 

手順①仮想通貨の口座を作る(コインチェック)

まず最初に、仮想通貨の口座を開設しましょう。

SHINZO(心臓)に限らず、NFTは基本的にイーサリアムという仮想通貨で売買されているからです。

クレジットカードやPayPayではNFTのSHINZOは買えないので、要注意です。

 

口座開設はコインチェックがおすすめ

どの取引所でもイーサリアムは買えますが、初心者にはコインチェックがおすすめです。

 

というのもコインチェックはアプリの使い勝手の良さに定評があり、国内の取引所アプリでダウンロード数No.1を誇るほどの利用者がいるからです。

利用者が多いということは、問題があったときに対処法も調べやすいということ。

 

仮想通貨を初めて買うなら、コインチェックの口座を開設しておけば間違いありません。

 

ちなみに、今だけ誰でも1,500円分のビットコインがもらえます。
口座開設+72時間以内の入金」という条件を満たして、1,500円分のビットコインを手に入れておきましょう。

 

\アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座を開設する

 

手に入れた1,500円分のビットコインは、もちろんイーサリアムに替えることもできますよ♪

 

手順②仮想通貨を買う(イーサリアム)

コインチェックで口座を開設できたら、SHINZO(心臓)の決済に必要なイーサリアムを購入しましょう。

コインチェックでイーサリアムを購入する手順は以下のとおり。

 

本記事ではコインチェックのアプリ版で解説しますが、ブラウザ版も流れは同じです。

 

コインチェックのアプリを起動したら販売所の画面から「イーサリアム」を選択し、「購入」をタップ

 

 

購入希望の金額を入力し「日本円でETHを購入」をタップ

 

 

確認画面が出るので「購入」をタップ

 

 

イーサリアムの購入が完了しました」と表示されればOKです。

 

 

手順③仮想通貨の財布を作る(MetaMask)

コインチェックでイーサリアムを購入できたら、「MetaMask(メタマスク)」という仮想通貨を管理するための財布を作りましょう。

コインチェックの口座にイーサリアムがあっても、SHINZO(心臓)の決済には使えないからです。

 

MetaMaskを持っておけば、コインチェックからイーサリアムを送金できるようになります。

MetaMaskのインストール手順は以下のとおり。

 

  1. MetaMaskアプリのインストール
  2. MetaMaskウォレットの作成

 

手順①MetaMaskアプリのインストール

お持ちのスマホに、メタマスクのアプリをインストールしましょう。

iOSとAndroidのどちらにも対応しているので、以下からどちらかを選んでください。

 

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask – Blockchain Wallet

無料posted withアプリーチ

 

手順②MetaMaskウォレットの作成

MetaMaskのアプリがインストールできたら、ウォレットを作成しましょう。

MetaMaskのアプリを起動したら「開始」をタップ

 

 

ウォレットのセットアップ画面になるので「新規ウォレットを作成」をタップ

 

 

任意のパスワードを2回入力し「MetaMaskがこのパスワードを復元できないことを理解しています。」にチェックを入れたら「パスワードを作成」をタップ

 

 

リカバリーフレーズについて確認します。

ウォレットの安全を確保という画面になるので「開始」をタップ

 

 

リカバリーフレーズの取り扱いについても確認しておきましょう。

確認できたら「開始」をタップ

 

 

表示」をタップすると12個の単語からなるリカバリーフレーズが表示されるので、手書きでメモを残しておきましょう。

 

 

メモを残したら「続行」をタップ

 

 

さっき残したメモを見ながら12個の単語を順番通りに選択していきます。

選択できたら「成功」と表示されるので、「バックアップを完了」をタップ

 

 

以上でMetaMaskのインストールは完了です。

 

手順④イーサリアムを財布に送る

MetaMaskがインストールできたら、コインチェックの口座にあるイーサリアムをMetaMaskに送金しましょう。

コインチェックからMetaMaskへの送金手順は以下のとおり。

 

まずはMetaMaskのイーサリアムアドレスを確認しましょう。

Ethereum Main Network」に繋がっていることを確認し、アカウント名の下に表示されているアドレス(英数字のられる)をタップすればコピーできます。

 

 

続いてコインチェックでの操作です。

ウォレット」画面から「ETH(イーサリアム)」をタップ

 

 

送金」をタップ

 

 

暗号資産の送金画面に移動するので、「宛先を追加/編集」から先ほどコピーしたMetaMaskのイーサリアムアドレスを登録しましょう。

 

 

まだ宛先リストが開くので「新規追加」をタップ

 

 

以下の内容を入力したら「追加」をタップ

 

 

通貨 Ethereum
ラベル(任意) MetaMask
宛先 MetaMaskのイーサリアムアドレス
SMS認証用コード SMSで届く6桁の数字

 

これで宛先が追加できたので、送金画面にて以下の内容を入力しましょう。

 

 

宛先 さっき追加したMetaMaskアドレスを選択
送金先サービス名 「その他」を選択し「MetaMask」と入力
受取人種別 本人への送金

 

そして送金額を入力したら「次へ」をタップ

 

 

申請内容を確認したら、Googleの認証用アプリで生成される6桁の数字を2段階認証欄に入力し、「下記事項に同意する」にチェックを入れて「申し込みを確定する」をタップ

 

 

送金申請が完了しました!」と表示されるので、しばらく待てばMetaMaskにイーサリアムが着金します。

 

今回の手順では省略しましたが、仮想通貨を送金するときは念のため少額で送金テストを行いましょう。
アドレスの入力を間違ってしまうと、資金を失う可能性があるからです。

 

手順⑤SHINZO(心臓)を購入する

MetaMaskにイーサリアムを送金できたら、いよいよ最後の手順です。

チムニータウンDAO公式のSHINZO購入ページにアクセスし、SHINZO(心臓)を購入しましょう。

 

≫SHINZO購入ページ

 

ちなみにNFTの最大手マーケットプレイスであるOpenSeaにもSHINZO(心臓)は出品されています。
しかしチムニータウンDAO公式の購入価格よりも高額になっているので、公式ページからの購入をおすすめします。

 

SHINZO(心臓)の購入手順は以下のとおり。

メタマスクを使う」をタップ

 

 

MetaMaskのブラウザが起動し、SHINZO購入ページが表示されるので「ウォレットを接続」をタップ

 

 

接続方法を確認されるので「METAMASK」をタップ

 

 

このサイトに接続しますか?」と表示されるので「接続」をタップ

 

 

ボタンの表示が「NFTを購入する」に変わるのでタップ

 

 

ガス代の見積もりが表示されるので、「確認」をタップ

ガス代というのは取引にかかる手数料のことで、今回は2.13ドル(約300円)の手数料がかかりました。

 

 

待機中」と表示されるので、しばらく待ちましょう。

 

 

ミントが完了しました!」という表示に変わればSHINZO(心臓)の購入は完了です。

 

 

お疲れ様でした!

 

NFTのSHINZO(心臓)の使い方

SHINZO(心臓)を購入できたら、チムニータウンDAOに参加してみましょう。

チムニータウンDAOへの参加手順は以下のとおり。

 

  1. Discordをインストールする
  2. Discordで参加手続きをする

 

Discordというのはコミュニケーションアプリのことです。

詳しい手順は別の記事で解説するので、しばしお待ちください。

 

NFTのSHINZO(心臓)まとめ

以上、「NFTのSHINZO(心臓)とは?概要や買い方をNFT初心者向けに解説」でした。

 

NFTやDAOといった聞きなれない言葉ばかりだったかもしれませんが、無事にSHINZO(心臓)は買えましたか?

日本ではまだまだ知名度の低いNFTやDAO。

 

キングコングの西野亮廣氏以外にもたくさんの芸能人が参入しつつあるので、今後さらに盛り上がっていくことでしょう。

 

SHINZO(心臓)やチムニータウンDAOを通じて今からその世界に触れておけば、数年後には大きな財産になっているかもしれません。

SHINZO(心臓)をまだ買えてないと言う人は、まずは仮想通貨の口座開設から始めてみましょう。

 

アプリダウンロード数No.1のコインチェックなら、今だけ誰でも1,500円分のビットコインがもらえます。

口座開設+72時間以内の入金」という条件を満たして、1,500円分のビットコインを手に入れておきましょう。

 

\アプリダウンロード数No.1/

コインチェックで口座を開設する

 

当ブログの管理人
オブチ

副業でブログにチャレンジ中の31歳 。

過去に24万円で物販コンサルを受けたものの成果が出ずにリタイアし、ブログを始めました。
ブログも半年間はほぼ成果ゼロでしたが、今では月10万円ほどの収益あり。

記事の内容で分からないことがあれば問い合わせ、もしくはTwitterのDMでお気軽にご連絡ください。

オブチをフォローする
NFT
オブチをフォローする
OBUCHI BLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました